スタートアップ支援


京都は,千年を超える歴史の中で磨き上げられた伝統文化を背景として,常に創造と革新を繰り返してきたイノベーションのまちです。また,社会の変化に合わせた革新的なイノベーションを創造し,世界で活躍する数多くの企業を生み出してまいりました。
京都では,近年,大企業の研究施設やスタートアップを支援する世界的なアクセラレーター等が相次いで事業拠点を構えるとともに,京都経済センターが開設されるなど,オール京都体制での「スタートアップ・エコシステム」形成に向けた機運が高まってきています。
さらに,令和2年7月,内閣府が公募する「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点都市」に京阪神地域で「グローバル拠点都市」として選定されました。この選定を契機に,京都におけるスタートアップの発掘・育成・支援や国内外への発信に,より一層取り組むことで,社会課題解決に取り組むスタートアップの創出及び集積を促進し,都市の活力が創造され,市民生活に豊かさがもたらされる「スタートアップの都・京都」を目指します。

京都スタートアップ・エコシステム

ソーシャルビジネス支援

京都市では,市民,企業,NPO,大学などの多種多様な組織や個人が,京都で社会的課題の解決に挑戦することで,過度の効率性や競争原理とは異なる価値観を日本はもとより,世界に広げることを目的に,平成27年から「ソーシャルイノベーションクラスター構想」を推進しています。
当構想の推進拠点として,公益財団法人京都高度技術研究所内に「京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)」を設置し,構想全体のコーディネートを行うとともに,多様な主体のネットワークの形成や,企業と公的機関とのマッチングを行うパブリックコーディネートに取り組んでいます。

主な取組


これからの1000年を紡ぐ企業認定
社会的課題をビジネスで解決することや,社会的課題を生み出さない新しい商品やサービス,あるいはシステムを生み出すことで持続可能な社会の構築に貢献し,ソーシャルイノベーションに取り組む企業を認定し,企業の目指す未来に向けた成長と発展をサポート。

イノベーション・キュレーター塾
中長期的な観点から組織の社会性を経営者と共に考え,社会的課題の解決を伴うビジネスを継続できるようサポートする伴走者(イノベーション・キュレーター)を育成する塾を運営。