課題のポイント

実現したい未来

京都市が障害がある人にとってもない人にとっても,さらに魅力的な観光都市になるような観光環境を整える。その一環として,視覚障害のある人が主体的,能動的に観光を楽しめるような環境を整え普及させたい

現状

既存の観光施設の解説パンフレットや音声ガイドなどでは,視覚障害のある人にとって観光施設の全体像をイメージすることが難しく,視覚障害のある人の観光は支援者等がコーディネートした観光コースをめぐる「受動的」なものになることが多い

解決したい課題

視覚障害のある人が,観光施設などの全体像をイメージしながら,自ら行きたい場所やコースを提案できるようにするための情報の提供

想定する解決策

視覚障害のある人が観光施設について詳細な情報を得られるツールの開発や既存ツールの更なる改良,導入施設や配布場所の拡大による活用の促進

民間組織側の想定メリット

  • 京都でユニバーサルツーリズムに取り組む団体や観光業界等との関係性の構築
  • 各地の観光地等での活用拡大に向けたビジネスモデルの構築

Story

みやこユニバーサルデザインかるたの絵札。視覚以外の感覚を使った観光や,仏像を触って鑑賞する観光が描かれている

視覚に障害があっても観光を楽しんでほしい

「目が見えない人の観光」と聞いたら,どんな観光を思い浮かべるでしょう。目が見える人にとっては視覚障害のある人の観光は想像しづらいかもしれません。「普段は見られないものを見にいく」という要素を観光から除いたら,味気ないものに感じてもおかしくありません。

しかし,多くの人は,知らない土地の音,香り,味など視覚以外の体験が,観光の重要な要素だとご存知ではないでしょうか。音から感じられる風土や,歴史の積み重ね,香りの中にある生活や文化,多様な土地の食べ物。障害の有無に関わらず,観光から得られる体験は人生を豊かなものにしてくれます。

実際に視覚に障害がある人たちも,視覚に頼らないかたちで観光を楽しんでいます。
観光都市京都の私たちは,その実情を知り,より多くの人が楽しめる方法を模索する必要があると考えます。

視覚障害のある人が主体的に楽しめる観光

現状の視覚障害のある人の観光は,ガイドヘルパーなどの支援者に依存することが多く,支援者がコーディネートしたコースに沿って行動することになりがちです。不安はないかもしれませんが,多くの体験が「受動的」になってしまい,「主体的」に楽しめる場所は限られてしまいます。

このような状況のなか,近年,博物館や美術館などは,触ることや聴くことで芸術作品を知覚するといった,視覚によらない体験型観光が徐々に増えています。また,観光地の視覚障害のある人向けの取り組みの先行事例に「触地図」があります。施設内の経路や壁面等の位置を,地図に施された凹凸によって「触って」理解できるようにした地図です。触地図を利用することで,施設内に何があるかを把握して行動ができるようになります。

こういった取り組みは,視覚障害のある人が主体的に楽しめる観光として好評を得ています。

ユニバーサルツーリズムが拡げる観光の可能性

誰でも使えるように製品などを設計する考え方を「ユニバーサルデザイン(UD)」と言います。京都市では,長い歴史の中ではぐくまれてきた支え合いの精神,芸術,技術等にユニバーサルデザインを採り入れた「みやこユニバーサルデザイン」を推進しています。
この取り組みの延長として,誰もが気兼ねなく楽しめるユニバーサルな観光「ユニバーサルツーリズム」を実現したいと考えています。

たとえば,「誰もが使える」という発想の要点さえ押さえれば,触地図も「触ってわかる」にとどまらない,よりユニバーサルなありかたを目指すことができます。文字を大きくする,色の差をはっきりさせる,音声案内を併用するなどの工夫で,誰もが使いやすく,また,従来の地図では情報が得られなかった人たちが,主体的に観光を楽しむことができます。

「見ないで楽しむ京の旅」や「みやこユニバーサルデザイン」の冊子

施設(ハード面)の整備とコンテンツ(ソフト面)の整備

ユニバーサルツーリズムというと,施設のバリアフリー化を想定されがちです。階段だけでなく,スロープやエレベータがあれば,車椅子の利用者にとっては移動がしやすくなります。視覚に障害があっても,点字ブロックを敷設すれば,自力での移動の助けになります。観光地側の施設としては,こういった施設のバリアフリー化をすることで,障害のある観光客の受け入れ体制が充実しますが,多くの場合,施設の改善にはそれなりの費用が必要になります。また,設備が充実しても,観光地側に障害や障害のある人への関心がなければ,利用者に豊かな体験をもたらすことは難しくなります。

しかし,施設のバリアフリーが整わなくても,障害のある人の観光の質を高めてくれるアイデアはあります。観光地側が「困っている人を手助けする文化(心のバリアフリー)」を知り,能動的に行動することです。触地図などのコンテンツは,一般的には施設のバリアフリー化にくらべてコストを抑えることができます。さらに,コンテンツの作成,活用を通じてユニバーサルツーリズムへの理解や考え方を深めることにもつながります。

観光客を受け入れる側に気付いてほしい

今回の実証実験では,整備しやすいコンテンツを制作することで,ユニバーサルツーリズムの実現を模索したいと考えており,視覚障害当事者に実証実験に参加してもらうことで,意見や感想をもらうことができます。ユニバーサルデザインで社会を変えていきたいとお考えの企業や団体の参加をお待ちしております。

大規模な予算を確保しなくても実施できるコンテンツの整備の事例が増えれば,同様の取り組みを行う観光地も増えていくことが期待できます。いずれは,京都市内の観光地が,全体的にユニバーサルツーリズムを意識する未来をつくる,そのためにぜひご協力ください。

インタビューを受ける担当者たち

募集概要

担当課

京都市保健福祉局障害保健福祉推進室

担当部署の事業の概要

ユニバーサルデザインの普及啓発,障害を理由とする差別の解消や障害のある人への合理的配慮に関する普及啓発

背景

視覚障害があっても障害のない人と同様にいろんなところに旅行し,観光や体験,食事を楽しみたいという思いがあるが,ハード面,ソフト面を含め,視覚障害がある人が主体的に楽しめる観光環境の整備は十分とは言えない

実現したい未来

みやこユニバーサルデザインの考え方を踏まえ,京都市が障害がある人にとってもない人にとっても,さらに魅力的な観光都市になるような観光環境を整える。その一環として,視覚障害のある人が主体的,能動的に観光を楽しめるような環境を整え普及させたい

現状

観光施設などには,解説パンフレットなどが設置されているが,ほとんどが視覚に頼ったものとなっている。また,音声ガイドのある施設もあるが,まだまだ普及が十分とは言えないうえ,視覚障害のある人は音声ガイドだけでは観光施設の全体像をイメージすることが難しい。そのため,自分で観光したい場所やコースを選択することができず,支援者等がコーディネートした観光コースをめぐる「受動的」な観光になることが多い。

検討経緯・これまでに実施したことがある施策等
  • 視覚以外の四感を使って京都観光を楽むための冊子「見ないで楽しむ京の旅」を平成23年に作成したほか,京都市産業技術研究所と民間企業との共同研究により,「点字・触地図ガイドブック」を製作している。
  • 今回の事業への行政課題の設定に当たり,あらためて視覚障害のある人から,観光旅行での困りごとや実際の観光の仕方,どういった観光をしたいかについてヒアリングを行った。
解決したい課題

視覚障害のある人が,観光施設などの全体像をイメージしながら,自ら行きたい場所やコースを提案できるようにするための情報の提供

想定する解決策

視覚障害のある人が観光施設について詳細な情報(全体像や各スポットの概要,見どころなど)を得られるツールの開発や既存ツールの更なる改良,導入施設や配布場所の拡大による活用の促進

民間組織側の想定メリット
  • 京都でユニバーサルツーリズムに取り組む団体や観光業界等との関係性の構築
  • 各地の観光地等での活用拡大に向けたビジネスモデルの構築
提案企業に求める専門性
  • ユニバーサルデザインに関する知識・取組実績のある企業,団体等
  • 視覚障害者向けの観光情報発信に関する知識・技術を持っている企業,団体等
提供可能なデータ・環境等

本市のユニバーサルデザインに関する取組状況に関する資料

スケジュール感・主要なマイルストン

2021年度内に実証実験を実施したい

事業実施にあたっての留意点、制約等

本事業は,京都市が毎年度の予算を投じて実施するものではなく,事業者による自走化を目指せる仕組みを想定。
本事業は,視覚障害のある人が自ら主体的に楽しんで観光できるようにすることを目的としているが,多種多様な人にとっても利用しやすいユニバーサルデザインの考えを前提にしている。

参考情報

京都市みやこユニバサールデザインの取組

今後の展開想定

実証実験により得られた結果を踏まえ,課題分析や普及拡大に向けた仕組みの検討を行う。 ・今回の実証実験をモデルとし,市内の観光施設をはじめとした様々な場所での展開を目指す。

提案の提出期限 2021年11月15日〜11月29日

この課題の募集は終了しました

一覧へ戻る