課題のポイント

実現したい未来

市民や地域、事業者、行政など、地域に関わる多様な主体が協働し、西陣を中心とした地域の活性化がより一層推進されている状態。

現状

地域が有する多彩な魅力・資源を発信する取組や多様な主体が連携・交流する取組など、エリアの様々な場所で活性化の取組が展開されているが、幅広い地域の方が活性化を実感するような状況には至っていない。

解決したい課題

「西陣を中心とした地域」の活性化を一層推進していくために、新たな活性化の取組やより大きな活性化の取組等を継続的に生み出し、地域全体を巻き込むような活性化の動きを創り出していきたい。

想定する解決策

地域が有する多彩な魅力・資源をいかした、新たな活性化の取組が継続的に実施されるような提案
(想定する取組)
●これまでにない新たな視点を取り入れた取組
●これまでに西陣地域で実施されたことのない取組
●幅広い地域の方に活性化の動きをより実感していただける取組
※地域と調和した取組として実施される必要がある。

民間組織側の想定メリット

●京都市との連携事業としてPR可能
●他地域の活性化の取組で活用できるビジネスモデルの構築

つぎの西陣をつくる交流会(つぎにし)
平成31年1月に策定した「西陣を中心とした地域の活性化ビジョン」から抜粋

募集概要

担当課

京都市総合企画局プロジェクト推進室

担当部署の事業の概要

平成31年1月に策定した「西陣を中心とした地域活性化ビジョン~温故創新・西陣~」に基づき、市民や地域、事業者、行政など、地域に関わる幅広い主体の役割分担のもと、未来の西陣の価値を創造することを目指し、地域が有する多彩な魅力・資源をいかした活性化の取組を推進している。
<地域が有する多彩な魅力・資源の例>
伝統産業、伝統文化・伝統芸能、お寺や神社、花街の文化、歴史的な町並み、食、地域に根差した店舗 等

背景

「西陣を中心とした地域」の活性化の推進

実現したい未来

市民や地域、事業者、行政など、地域に関わる多様な主体が協働し、西陣を中心とした地域の活性化がより一層推進されている状態。

現状

地域が有する多彩な魅力・資源を発信する取組や多様な主体が連携・交流する取組など、エリアの様々な場所で活性化の取組が展開されているが、幅広い地域の方が活性化を実感するような状況には至っていない。

検討経緯・これまでに実施したことがある施策等

<これまでの主な取組>
●ポータルサイトやSNS等を活用した情報発信
●伝統産業とのコラボ商品の開発や路地の魅力発信等に取り組む活性化プロジェクトの運営
●地域内外の多様な主体の連携により、より大きな活性化の取組を創り出す連携事業の実施
●地域の様々なネットワークや活動主体を大きくつなぎ合わせる連携交流会の開催
(参考)これまでの取組の詳細
https://nishizine.city.kyoto.lg.jp/project/

解決したい課題

「西陣を中心とした地域」の活性化を一層推進していくために、新たな活性化の取組やより大きな活性化の取組等を継続的に生み出し、地域全体を巻き込むような活性化の動きを創り出していきたい。

想定する解決策

地域が有する多彩な魅力・資源をいかした、新たな活性化の取組が継続的に実施されるような提案
(想定する取組)
●これまでにない新たな視点を取り入れた取組
●これまでに西陣地域で実施されたことのない取組
●幅広い地域の方に活性化の動きをより実感していただける取組
※地域と調和した取組として実施される必要がある。

民間組織側の想定メリット

●京都市との連携事業としてPR可能
●他地域の活性化の取組で活用できるビジネスモデルの構築

提案企業に求める専門性

新たな視点やこれまでにないアイデアを取り入れた提案ができる企画力

提供可能なデータ・環境等

●これまでに実施してきた活性化の取組の情報
●地域の事業者や庁内関連部署等との調整への協力
●ポータルサイトやSNSを活用した広報協力

スケジュール感・主要なマイルストン

令和6年度内の実施を希望

事業実施にあたっての留意点、制約等

本事業は京都市が毎年度の予算を投じて実施するものではなく、事業者による自走化を目指せる仕組みを想定。

参考情報

▼「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」の策定について(京都市情報館)
https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000264270.html
▼(参考)西陣を中心とした地域の対象エリア
https://nishizine.city.kyoto.lg.jp/mission/
※上記ページ内の「対象エリア」参照。
▼ポータルサイト「にしZINE」ー西陣のいまを伝えるマガジンー
https://nishizine.city.kyoto.lg.jp/

今後の展開想定

実施結果を踏まえ、今後の展開を検討。

提案の提出期限 2024年7月8日〜12月27日

募集要項

提案募集中の課題一覧へ戻る

ビジネス拠点としての京都市の強み

01

歴史と文化に
彩られた
京都ブランド

02

イノベーションを
生み出す源泉

03

職住近接の
コンパクトシティ

04

ビジネス視点での
豊富な京都
ロケーション

05

良好なアクセス&
災害に強い街

06

充実した
企業立地支援制度

Kyo-Working|京ワーキング